正欲 (新潮文庫 あ 78-3)

著者 :
  • 新潮社 (2023年5月29日発売)
4.07
  • (1476)
  • (1508)
  • (763)
  • (166)
  • (41)
本棚登録 : 19181
感想 : 1729
5

「多様性」から展開する「正欲」とは?
マイノリティにも属されない欲は、世間に理解されないだけでなく誤解もされ行き着く先は…

世界はマジョリティの欲を満たすことに溢れてる
明日を生きようと多くの人が感じるために
…なるほどね

「普通」というのはなく 人は何かしら、マイノリティに属する欲はある。
周囲の理解は不要だが、そっとして欲しい。
…でも小さくても良いから「繋がりたい」
贅沢なのでしょうか? 一昔のヲタクでしょうか?

A「自分が想像できる〝多様性〟だけ礼賛して、秩序整えた気になって、そりゃ気持ちいいよな」
B「はじめから選択肢奪われる辛さも、選択肢はあるのに選べない辛さも、どっちも別々の辛さだよ」
多様性という言葉を軽はずみで使わないほうが良いことは分かった。

EUはめんどくさい言葉を作ったものだ
世の中すべての人とわかり会えるのは無理
個人を尊重するに留めるのが吉だと感じた

確かに読んだあとは前には戻れない
そして答えもない

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 朝井リョウ
感想投稿日 : 2023年8月3日
読了日 : 2023年8月1日
本棚登録日 : 2023年7月31日

みんなの感想をみる

コメント 5件

yasuetsuさんのコメント
2023/08/23

ganglionさんの感想を読ませていただき、読みたくなり読了しました。
いろいろなことを考えながらの読書で、とても良い時間になりました。
ありがとうございました!

ganglionさんのコメント
2023/08/23

yasuetsuさん
拙い感想読んでいただいたみたいでありがとうございます!

多数決≠正しさ
多様性を理解したつもりで振る舞う愚かさを痛感しました

答えがない禅問答でしょうか?

読了後も都度考えさせられる良い本だと思っています

フォローさんの登録本ROMって勉強させてもらっています

読書って楽しいですね

はるパパ@ファミコンしようぜさんのコメント
2023/08/30

いつもいいねをありがとうございます。
やはり風潮なのか多様性をテーマにした作品は多くみられますね。その度に私もこの本のことを思い出します。
ヲタクに笑いました。2ちゃんねるの黎明期や、mixiなんかを連想しました。それ以前だと同人誌とか。ノートでゲームブックとか作ってたのは、小学校に2人だけでした笑
この「繋がりたい」という欲求の方が、本当はオバケなのかもしれないと思います。蛇口を共感したいという気持ちが、はたして自分の中のどの部分に当てはまるのかを想像するのに苦労しますが。ひとまずゲームブックで代用です。

ganglionさんのコメント
2023/08/31

はるパパさん
コメントありがとうございます
本棚拝見させてもらい、勉強させてもらっております

ヲタクは個性といいますか誰もが持ってると思ってます
一部の限られた中だけは繋がりたい欲はこの本で痛感しました

ゲームブック素敵です!

読書から感想を言い合うのが楽しいです
これからもよろしくお願いします

はるパパ@ファミコンしようぜさんのコメント
2023/08/31

丁寧にありがとうございます。
こちらこそ、思い切ってコメントしてみてよかったです。

ツイートする