生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

3.81
  • (936)
  • (1317)
  • (1231)
  • (141)
  • (38)
本棚登録 : 9774
レビュー : 1231
著者 :
garyoanさん  未設定  読み終わった 

私には難解な内容だったが、著者の美文に引き込まれて、あっと言うまに読み青えたという感じ。
『生命とは動的平衡』という考えが良く理解出来た。
率直に「生命を機械的に、操作的に扱うことの不可能性」と結論してしまう科学者の精神の強靱さには感嘆してしまう。

些か的外れかも知れないが『生命の動的平衡』ということから、「いのちは個々に所有するものではなくて、大きなひとつで生物はそれを一定期間分け合っている」という仏教的な思想を思い出してしまった。

レビュー投稿日
2015年12月21日
読了日
2015年12月21日
本棚登録日
2015年12月7日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)』のレビューをもっとみる

『生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする