心のなかの冷たい何か (創元推理文庫)

3.26
  • (8)
  • (27)
  • (77)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 279
レビュー : 44
著者 :
はちさん ミステリー   読み終わった 

若竹七海、ノンシリーズの初期作品。
著者ならではの、探偵役のキャラクターがよい。表面はドライでクールな20代半ば以降の女探偵だが、他人とのコミュニケーションに悩み、自分の限界に苛立ち、世の中の理不尽さに憤慨する、つまりいかにも人間らしい内面を持っている。
淡白になりすぎず、かといってクドクならない絶妙な書き口とこの人物描写によって、少しだけひねってある話をとても良好なエンタメに化かしていると思う。
昔より、よさが分かるのが嬉しい。人物の造形は特に。
3+

レビュー投稿日
2016年6月11日
読了日
2016年6月11日
本棚登録日
2016年6月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『心のなかの冷たい何か (創元推理文庫)』のレビューをもっとみる

『心のなかの冷たい何か (創元推理文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする