凹みやすい人にはうってつけの、ゆるーいお話。

ただただ好き。
絵もストーリーも文句なし。

カテゴリ 読んでみて!

日頃色んなところで見かける言葉達。
印象に残る言葉の数々。
たった一言、一行なのに。

広告関連じゃない人でも、どこからでもよめるし、楽しい。

カテゴリ 読んでみて!

秋から冬に聴くと、絶対に泣きそうになる。
頼むから夜に流さないでくれ、ラジオ!
という感じで、切なすぎるメロに号泣しそうになるのでした。

The City Sleeps in Flamesが気に入っていて、今ヘビロテなので、前作も気になっています。
聴きやすくて良いですよ。

とても聴きやすくて、クセになるメロ。キーボードやギターの音、ボーカルの声が特徴的。とってもおすすめです!っていうか日本に来てみてほしいなあ。

デビッドボウイを知らなくても、乙女の気持ちをちょっとでもお持ちなら、もしくは王子な気持ちをお持ちなら、観て欲しい!全編歌満載。大勢のパペットもとっても素敵です。

最近「歌もの」聴いてないな〜って感じの方にお勧め。
朝から午前中に歩きながら聴くと爽やかな気分になれますヨ。

  • Dawn

  • Bedlight For Blue Eyes
  • Trustkill Records / 2005年8月15日発売
  • Amazon.co.jp / 音楽
  • 購入する

ベタベタなのが好き!という方必聴★メロディなど、メタルでエモーショナルな歌いっぷりが気持ちよいです。

色々なバンドを漁って聴きたい!って言う感じには良いと思います☆
私はSKSKやBLFBEが気になっていたので聴きたいCD。

久々に観ても、やっぱりいいな!
実際に本も読んで、感情移入バッチリで観るとなおよし!
個性的なキャラクターと、当時の技術を微笑ましく観ることができます。
ファルコンとロックバイターが大好き☆

カテゴリ オススメDVD

先日日本でも開催されたTOCのUSツアーDVD。日本では観られなかった、atreyuやsenses fail、under oath、unearth等多彩なラインナップ!
正直CDより下手に聞こえるバンドもちらほらですけど、ライブの雰囲気などで十分カバーとも言えます。
もっと1バンドの曲数があるといいんですがね〜。

カテゴリ オススメDVD

イラストレーターやフォトショップを使ってパターンを作る為の本。
とっても参考になります。
初心者でも安心!わかりやすい解説です。

カテゴリ 読んでみて!

ハードコア、メタルコア系のファンならお馴染みのフェス。
私も行ってみた〜い。
ハードコアダンスもじっくりみれますYO!
各バンド1曲ずつと物足りない所もありますが、なによりバンド数が多いので、バンド発掘にもいいですねー。
DVDのジャケも結構好きです。

カテゴリ オススメDVD

咆哮だけじゃなく、歌ってる所もちゃーんとあるので、雄叫びはちょっと遠慮…という人もどうぞ。
劇的な感じが私は好きです。

若くて凄いうまい!
メロディーというか、曲の展開が好きです。
ぜひ単独来日を!夏フェスでもいいぞ!

実は未聴。
Ascendancyが良かったので、聴いてみたいな〜と思ってます。

最近珍しく気になる邦楽。
エモ系好きには結構クる音だと思います。
美メロ。

実は未読。
だけども、装丁が大好き。本は装丁大事です。ええ。
デザイナーさん、いいぞ!って感じです。
[GOTH]がおもしろかった乙一さんなので、きっとこの作品もおもしろいはず!

カテゴリ 読んでみて!

叫びたい人はとりあえず買いです!
超絶テクに圧倒されて下さい!
コレ聴いた人は必ずライブにいきましょう!見ないと損します!前回来日では、ビール霧を浴びたり、柑橘類の果汁を浴びたり…そりゃもう最高なステージング!(や、もちろん演奏も凄かった!)

今ちょっと自分の中では落ち着いた感のあるジャンル、ミクスチャー/ニューメタル。
フランス出身、オタクという言葉に反応した人、整髪料のsalaのCMソングが気に入ってる方は要チェック。

今では懐かしく感じる解散したバンドアインスフィア。
自分の音楽好きライフの原点。
声が個性的なので好き嫌いも分かれますが、もっと売れてもイイと思う!!
この作品は、彼等のベストアルバムです。
ビジュアル系を通った人も、結構未聴のまま過ぎてませんか?
UKロック好きにもオススメです。

豪華2册セットの村田蓮爾を中心とした、個性的な書き手によるイラストやマンガ。
浅田弘幸、浅田寅ヲ、田島昭宇目当てで私は購入致しました。
パイドパイパーに登場するキャラ”ナイロン”の原形も見れます。

とりあえず四巻だしてますが、全巻通してハイクオリティーで突き抜けるバイオレンス風味のマンガ。
あまり小さな書店では見かけないのが哀しいところ。

カテゴリ 読んでみて!
ツイートする