にんじん (岩波文庫)

3.37
  • (22)
  • (30)
  • (67)
  • (17)
  • (3)
本棚登録 : 417
レビュー : 38
源氏川苦心さん 海外の作家   読み終わった 

にんじんはルピック家の末弟であります。その風貌から、家族からは「にんじん」と呼ばれてゐます。何かと冷たい扱ひを受けてゐるやうですが、決してへこたれた様子を見せないのであります。
などと書くと、未読の人は「ほほう、可哀想な少年が逆境に負けずにひたむきに頑張つて、成長する感動物語だな」と思ふかも知れません。

必ずしもさうではない。にんじんは結構計算高く、残酷な一面も持ち合はせてゐます。ウソもつく。少年文学の古典と呼ばれる作品の主人公としては、どうなのかねといふ意見もありませう。

しかし、冷静に振り返ると、まことにリアルに少年の心理を描いゐるのは間違ひありません。少なくともわたくしの少年時代を思ふと、全く純真ではなく、打算と妥協の毎日であつたやうな気がします。子供つてのはそんなもんさ。

違ひますか。

http://ameblo.jp/genjigawa/entry-11310230939.html

レビュー投稿日
2012年8月2日
読了日
2012年7月23日
本棚登録日
2012年8月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『にんじん (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『にんじん (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『にんじん (岩波文庫)』に源氏川苦心さんがつけたタグ

ツイートする