ソーシャル・ビジネスのティッピング・ポイント (専修大学商学研究所叢書)

著者 :
  • 白桃書房 (2011年3月1日発売)
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
感想 : 1

イギリスに”亡命し”た神原教授の本が出版された。

原稿は”亡命”した教授に見せて貰っていたが、本になってくるのとはその「価値」が俄然違って来る。(勝手に・・・)

<第一章:ソーシャル・ビジネスのテッピィング・ポイント>
1)始めに
2)ソーシャル・ビジネスのテッピィング・ポイント
3)ケース分析:アウトドア・スポーツイベントのテッピィング・ポイント
 ★ここに「北アルプス山麓AdventureGames2001」の事が事例として大きく取り上げられている。
4)まとめ

<第二章:テッピィング・ポイントの数量分析/北アルプス山麓AdventureGames2001のケース>
1)イントロダクション
2)北アルプス山麓AdventureGames2001の成長曲線分析
3)単純な現象論分析を超えて
4)まとめ
 ★第二章は大林教授による。

<第三章:コミュニティ・ビジネスと女性社会起業家>
ー多様な担い手が参画するコミュニティづくりに向けてー

<第四章:ソーシャル・ビジネスによる地域資源の循環形成>
ーソーシャル・プロダクトの価値連鎖ー

<第五章:ソーシャル・プロモーションの戦略的フレームワーク>
ー社会的理由にもとづく商品情報の交換ー

<第六章:テッピィング・ポイントとサステナビリティ(持続可能性)>
ーイノベーションする社会的企業ー

★是非購入してご覧になって下さい。その価値十分!!

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 元気・まちネット会員執筆!
感想投稿日 : 2011年5月23日
読了日 : 2011年5月23日
本棚登録日 : 2011年5月23日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする