折口信夫集 神の嫁―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)

3.64
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 6
著者 :
制作 : 東雅夫 
こてつさん  未設定  読み終わった 

「死者の書」が抄録なのが惜しいけれど、そのこだまのような「神の嫁」、湿度の高い「生き口を問う女」、神隠しに題材を採った「むささび」等、どれも絶品だった。小説は全体の三分の一ほどで、論考部分が多く、祭や古語、妖怪学と少しずつ多岐に渡っているので、折口の書いたものをちょっとずつかじってみるには良い本だと思う。折口や鏡花みたいに亡者や妖怪寄りの人が書いた本は、いつ読んでも面白い。

レビュー投稿日
2014年9月6日
読了日
2014年9月6日
本棚登録日
2014年9月5日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『折口信夫集 神の嫁―文豪怪談傑作選 (ち...』のレビューをもっとみる

『折口信夫集 神の嫁―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『折口信夫集 神の嫁―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)』にこてつさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする