英国庭園の謎 (講談社文庫)

3.36
  • (84)
  • (191)
  • (644)
  • (17)
  • (2)
本棚登録 : 2124
レビュー : 170
著者 :
genshisyounenさん  未設定  読み終わった 

「雨天決行」「竜胆紅一の疑惑」「完璧な遺書」の3作品が面白かった。

「雨天決行」
タイトルとも関係する被害者の電話での会話内容の謎は専門的知識のない読者には推理困難だが、そのヒントが被害者の原稿の中にさりげなく示されている点や、火村がそのことに気づく切っ掛けが面白い。また、現場の痕跡からの目撃者の割り出しや、被害者の所持品からのロジックがすばらしい。被害者の原稿の中で、無頼派作家は無頼ではないと批判しているところも面白かった。

「竜胆紅一の疑惑」
火村が指摘した犯人は何となく予想しやすいが、火村が犯人を推定したロジック、犯行動機は中々の優れもの。

「三つの日付」
3年前に起きたラブホテルでの殺人事件のアリバイ確認に有栖自身が証言を求められる話。カメラと色紙の3つの日付に関するアリバイは凝ってはいるが、からくり自体は平凡。

「完璧な遺書」
自分が愛した女を誤って縊死させてしまった男。女の持っていたワープロを使って、完璧な遺書を作成し、自殺に偽装する話。遺書をワープロで打ったのが被害者でない証拠として火村が指摘した事項が面白い。

「ジャヴウォッキー」
独特の言語感覚を持ち、神経症を患って、過去に傷害事件を起こした人物からの電話の会話内容を火村とアリスで解読する話。

「英国庭園の謎」
隠居した富豪が英国庭園を持つ自宅に人を集めて、企画した宝探しゲーム。その最中に富豪が殺された事件。宝探しのヒントとなっている詩の暗号は、難解すぎて読者が解読できるようなものではないが、犯人が宝物を回収できなかった理由が面白い。

レビュー投稿日
2019年7月5日
読了日
2019年7月5日
本棚登録日
2019年7月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『英国庭園の謎 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『英国庭園の謎 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする