女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)

3.72
  • (384)
  • (387)
  • (720)
  • (40)
  • (6)
本棚登録 : 3219
レビュー : 340
著者 :
genshisyounenさん  未設定  読み終わった 

西暦2113年、取材旅行中に道に迷ったミチルとロイディが、周囲を高い塀で隔離された未知の都市ルナティック・シティにたどり着き、そこでの体験が語られる話。
女王デボウ・スホが支配し、争いや妬みがなく、平和で、犯罪も罰もなく、人が死なない楽園ルナティック・シティ。
ミチルにとっての因縁の敵マノ・キョーヤがここに居ることがわかり、やがて、王子の密室殺人事件が起こる。人が殺されることがないはずの楽園で起きた殺人。誰が、なぜ、どうやって王子を殺したのか。ミチルは謎を解明しようとするが、女王をはじめとする楽園の人々はなぜか、関心を示さない。他にも、女王が年齢よりもはるかに若く見える謎、マノやミチルがやってくることが神によって予告されていたという女王の言葉の謎など、ミチルは不思議な体験をする。さらに、この楽園を誰が、どういう目的で作ったのかという大きな謎が立ちはだかる。西暦2113年ということで、現在ではまだ実現されていない技術がいくつか使われており、それが謎の解明にも活かされている。
楽園の住民とミチルとの間での死生観や罪に関する意識の違いが印象的であり、とりわけ、復讐に関する女王とミチルの間の議論が興味深い。
楽園の誕生に関する謎の真相は、よく考えられていると感じた。
王子の殺人事件では、犯人がどこから侵入したのかという謎の真相はたいしたことはないが、なぜそんなことをしたのかという動機、その背景にある新技術がもたらした悲劇が実に痛烈である。
また、最後に明らかとなる主人公に関する二重三重の秘密も面白い。

レビュー投稿日
2018年11月26日
読了日
2018年11月26日
本棚登録日
2018年11月26日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『女王の百年密室―GOD SAVE THE...』のレビューをもっとみる

『女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする