ランウェイで笑って(2) (講談社コミックス)

3.86
  • (8)
  • (16)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 151
レビュー : 6
著者 :
前原政之さん マンガ/あ行の作者   読み終わった 

仕事上の必要があって、『ランウェイで笑って』の既刊1~7巻を読んだ。

『少年マガジン』連載中の人気作だが、おっさんの私が読んでも十分に面白い。いやー、最近の少年マンガはクオリティ高いなァ。

主人公がパリコレ・モデルやファッション・デザイナーを目指すという話は少女マンガならこれまでにも多かったわけだが、それをあえて少年マンガ誌でやるための〝仕掛け〟が二重三重になされている。

モデルを目指す少女とデザイナーを目指す少年が高校の同級生であるという設定が、その仕掛けの一つ。

ヒロインが158cmと、パリコレ・モデルを目指すためには致命的な低身長であるという設定が、もう一つ。

少年マンガの王道は「主人公が無謀とも思える大きな夢に向かってひた走る物語」なわけだが、これはまさにその王道。しかも、細部にはいまどきの青春マンガにふさわしい工夫が凝らされている。古い革袋に新鮮な葡萄酒を注ぐように。

私はパリコレとかには微塵も興味がないが、それでも本作にはぐいぐい引き込まれる。

これが作者にとって初連載作品だということにも驚かされる。絵もストーリーもすごい完成度。

レビュー投稿日
2018年10月31日
読了日
2018年10月31日
本棚登録日
2018年10月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ランウェイで笑って(2) (講談社コミッ...』のレビューをもっとみる

『ランウェイで笑って(2) (講談社コミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする