ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編 (新潮文庫)

3.62
  • (1120)
  • (1385)
  • (2708)
  • (171)
  • (34)
本棚登録 : 12749
レビュー : 616
著者 :
getstonedさん 小説   読み終わった 

わたしは下品な島で、下品な猿の荷担を少なからずしていると思うが、けっして綿谷ノボルのサイドにはいない。あくまでもオカダトオルくんの側の人間だ。それに、深い井戸の中で、壁を抜けることもできないまま、未だに佇んでいるみたいな気がする。

レビュー投稿日
2011年12月5日
読了日
2011年11月29日
本棚登録日
2011年11月29日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥...』のレビューをもっとみる

『ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする