ユニクロ

著者 :
  • 日経BP (2024年4月4日発売)
4.56
  • (53)
  • (17)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 848
感想 : 34
5

読み終えて、柳井氏が今のような柳井氏ではなく、ユニクロが今のユニクロでなく、あるいは存在すらしなかった。そんな現実になる可能性はとっても高かったのに、今あることがどれだけレアなことか。
柳井氏の言葉に「新しいことをやると失敗する。ほとんど失敗する」「やることが大切」「失敗から何を得るのかが大事」とある。ユニクロの歴史は失敗、それも派手なド失敗の連続。「1勝9敗」という柳井氏の著作があることを思い出した。
偶然だが、本書の前に「がんの消滅」という本を読んだが、主人公の小林氏も「実験に失敗なんてない。失敗だと分かることが大事」とあった。何かを成すには行動してチャレンジすることがいかに大切か、ということなんだな。
ユニクロの歴史はあらかた知っているつもりで、ビジネス書のような本を読むのはどうなのかな、と思っていた。柳井氏への複数にわたるインタビューを始め丹念に取材され、構成も読みやすい。読んで良かったな。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2024年5月16日
読了日 : 2024年5月16日
本棚登録日 : 2024年5月16日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする