このミスなのにミステリーじゃない(笑)たまには変化球があってもいいかな。ライトなラブコメで都合のいいキャラが初っぱなから登場してて清々しいです。ラストちょっと強引展開だけど初な理系男子に免じて許せる内容…なはず!

宣伝文句が超オススメですよ!みたいなノリなので、どれだけすごいんだと期待したけど、過度の期待はしないほうがよかった。どの作品も淡々としてて、でも短い内容だけど構成やオチは丁寧で読みやすかったです。ウリカタマチガッタナーって感じ。

続編狙いじゃなかったら、いけてたのになぁ…(だが国をも巻き込む内容の続編ができるかどうかも怪しいのでフリか?フリなのか?!)

公式公認の二次創作だと思います。主役4人可愛いので好きなら読んで損はないかと///

タイトルだけだとグロいのかと思ってしまうけど、酷さの中に笑い要素もあって、重くならずに読めるのが良かったです。

天使みたいだ…とか恋人に語りかけるとか、妙にこっ恥ずかしい表現にそんな事思ってたの?!と、笑ってしまいました。

安定した面白さ。

最後に全部岬先生に持ってかれた…(笑)

音楽だけでなく経済、建築、無線にプラモと幅広い知識に脱帽です。ただ者じゃないぜ七里!!ドビュッシーを先に読んでると切なくなります。

とうとう最終巻。盛り上がったのに、思ったより都合よくあっさり片付いてしまった。ストーリーより薀蓄メインの方が面白いので、いっそ薀蓄だけの話を書いてくれないかな(←)

着眼点はいいしコミカルで読みやすい。小ネタでニヤリとしてしまった(笑)イメージボイスも出来上がってるし(笑)うまくメディア化できるといいですね(棒読み)仮面つけてMS乗ってる人は噂で3年先までスケジュール詰まってるって聞きましたけどね… 

昔の葬儀が詳しく描かれてて勉強になります。この作家さんの描く主人公は奥ゆかしくて逞しいですなぁ。ホントに素敵です。感情移入しやすい文章で、読みながら泣くって事をさせて戴きました。

そんな簡単にいくわけないのがこの話。根っからの料理人と理解し、自分の置かれた立場も譲れずの対応。こっ・・・こまつばらさま・・・っ!!(号泣)読んでるこっちも身を切る思いで読んでて辛い。
さらにラストでそりゃねーよ!って展開に全俺が泣いた!続編は1年後!この作者どんだけドS!!(笑)(取材ご苦労様です。頑張ってください)(←ツンデレ風)

ここにきて源斉先生の気持ちに気付いた(笑)小松原様も多分外堀埋められなかったら、一生打ち明けないつもりだったんだろうな。仕事と恋と、決断の時を迫られて悩みあえぐ主人公。料理で悩んでた頃が懐かしい。

苦難に挫けつつも、ひたむきな生き様がきちんと綴られていて、泣けました。料理の描写が上手い。出てくる料理がとにかく美味そう(笑)巻末にレシピ付きと気が利いてます。

理解力が乏しいので誰が何をやってるのか、あの人どこいったのかと、解り難い部分があって読み難かった。チョコレートの話以外は、オチが消化不良だし。イケメン巡査やはいからさんとキャラは立ってるので漫画にした方が楽しめるかも?と思ってたら、作者の経歴見てプロットの延長かと一人納得した。

主人公の設定盛りすぎて、色々都合よく話が進みすぎではないかと。続編前提じゃなきゃ、もう少しひねりのある内容になった・・・かも?

ツイートする