砂漠に花の降るように ~世界で一番愛しいオメガ~ (二見書房 シャレード文庫)

4.14
  • (10)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 9
著者 :
ginpeさん  未設定  読み終わった 

オメガバースって言うのですか?
よくわからないけど、オメガとかアルファとかのね…最近の流行?読んで面白かったことがあまりないので、敬遠しがちですが、わりと好きな海野さんでもしっくりこなかったです。

アラブへの旅行中に突然のヒートを救ってくれたのは王子サイード。
運命のつがいだと泉生は感じるが、一方サイードはアルファでありながら、フェロモンの匂いがわからない。
気持ちは通じても、つがいになることは拒まれる。それはサイードとつがいになってしまうと泉生が他のアルファとつがうことが出来なくなってしまうからで…

レビュー投稿日
2021年3月15日
読了日
2021年3月15日
本棚登録日
2021年2月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『砂漠に花の降るように ~世界で一番愛しい...』のレビューをもっとみる

『砂漠に花の降るように ~世界で一番愛しいオメガ~ (二見書房 シャレード文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする