恋日和。 (ショコラノベルス)

3.40
  • (3)
  • (18)
  • (17)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 100
レビュー : 10
著者 :
ginpeさん 小説・ツ   読み終わった 

ある夜、街中で小さな子が一人でいた。保育士の弘人は放っておくことができずに声をかけて一緒に親を探した。誘拐かと誤解されそうになりながらも無事親に引渡し、それっきりのはずだったが後日その親子に再会したのは弘人の勤める保育園だった。
出会ったときから伍代は強引で、その強引さのままに飲みに連れて行かれ、一緒に住むことに。その強引さに怒ったりしていたはずなのに、家政婦の復帰で自分はお払い箱になるときには離れがたい気持ちが芽生えていて・・・。
金持ち傲慢男と仕事熱心な保育士さんのお話。
レオの挿絵が2頭身でウケた。かわいい・・・。
ちょっとどこがいいの!って感じの伍代ですが、保育士の弘人からすうると子供とうまくつきあえない不器用さがまたかわいいんでしょう・・・

レビュー投稿日
2013年5月15日
読了日
2013年5月15日
本棚登録日
2013年5月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『恋日和。 (ショコラノベルス)』のレビューをもっとみる

『恋日和。 (ショコラノベルス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする