陸王

4.28
  • (623)
  • (660)
  • (177)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 3828
レビュー : 570
著者 :
gmindさん    読み終わった 

池井戸節全開でメッチャ面白かった。「水戸黄門」のようなステレオタイプの勧善懲悪モノってあまり好きではないのだが、池井戸さんの作品だけは許してしまうどころか夢中になってしまうのはなぜなんだろう。
先細りの足袋屋が長距離ランナーのランニングシューズの開発に乗り出す。こうした話はみんなの協力を得てトントン拍子に大成功でしたという話ではつまらないので必ず逆風が吹く。読者が一喜一憂するようにドラマをつくっていく。その加減が絶妙ですね。サジ加減とリアルさが抜群なんだと思う。
これはドラマ化したら大ヒットだと思ったら、TBS系で2017年10月期の日曜劇場枠でするそうだ。「半沢直樹」の時間帯ですね。主人公は役所広司ということで、いかに力をいれているかが分かる。

レビュー投稿日
2017年2月18日
読了日
2017年2月17日
本棚登録日
2017年2月17日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『陸王』のレビューをもっとみる

『陸王』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする