火車 (新潮文庫)

3.79
  • (2757)
  • (3022)
  • (3866)
  • (360)
  • (81)
本棚登録 : 23250
レビュー : 2342
著者 :
gmindさん    読み終わった 

名作の誉高い作品。ようやく読めた。身内の婚約者が破産宣告をしてることが分かり失踪したことで、その人探しからスタート。捜査ミステリーの王道、少しずつ真実が明らかになっていく。そして、サラ金地獄のタイヘンさが現代版「砂の器」のように描写される。その苦しみから逃れるため、他の人にすり替わろうとしていたことが分る。二人の女性の過去や接点が丁寧に描写されている。評価はなるほどではあるが大感動というほどではない。

「徹夜小説書店員100人が選ぶ宮部みゆき1位」「平成の小説ベスト50 6位」

レビュー投稿日
2018年5月4日
読了日
2018年5月4日
本棚登録日
2018年5月4日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『火車 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『火車 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする