わが母の記 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社 (1997年7月10日発売)
3.50
  • (2)
  • (6)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 56
感想 : 10
4

作者の母が老いで弱っていく様子をつづった作品.「老い」はどのように人を変えていくのか,その一端を見ることができる.いつかは自分にも迫ってくるものだし,身内にも迫ってきているものだし・・・考えさせられます!

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 井上靖
感想投稿日 : 2005年9月23日
本棚登録日 : 2005年9月23日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする