火星の遺跡 (創元SF文庫)

3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
goldiusさん  未設定  読み終わった 

腐ってもホーガン贔屓と言うことで、ホーガンが死んでいる事も忘れていて、新刊だ、買うの当然よね。と買ったが、『揺籃の星』同様ヴェリコフスキーの『衝突する宇宙』ネタを無理やりハードSFにしようとしたトンデモ本である。デニケンネタも出てきます。ファラオの呪いを未来科学で再現するネタはそれなりに面白いが、宇宙人の存在を認めているように思える駄目な方のホーガン(私のベストは『星を継ぐもの』ではなくて『未来の二つの顔』)作品である。小説としては章立てが多く改ページが多くサクサク読めるが、SFならではのセンス・オブ・ワンダーはない。ホーガンの最悪作品とまでは言わない。古臭いスペースオペラでも読むつもりで、暇潰しに軽く読むのならそれなりに楽しめるだろう。

レビュー投稿日
2019年2月19日
読了日
2019年2月19日
本棚登録日
2019年2月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『火星の遺跡 (創元SF文庫)』のレビューをもっとみる

『火星の遺跡 (創元SF文庫)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする