第三帝国の興亡〈3〉第二次世界大戦

4.08
  • (4)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 6
gomaknihaさん 趣味・教養   読み終わった 

第3巻では,ドイツがソ連と不可侵条約を結び,ポーランド侵攻,そして第2次世界大戦開戦という時期が描かれています。
いろいろな餌を用意して見事にスターリンを口説き落としたヒトラーと,交渉上手で与えられた餌以上のものをうまく得たスターリン率いるソ連。
そして,またしても外交的失敗を繰り返す英仏と当事者のポーランド。多くのことがヒトラーの思惑通りに進んでとても歯がゆい気持ちがする巻です。
ムッソリーニ率いるイタリアが,世界大戦勃発を何とか防ごうとしたり,開戦後も参戦するかしまいか揺れ動く様子はあまり知らない話だったので興味深かったです。

レビュー投稿日
2014年3月7日
読了日
2014年3月7日
本棚登録日
2014年2月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『第三帝国の興亡〈3〉第二次世界大戦』のレビューをもっとみる

『第三帝国の興亡〈3〉第二次世界大戦』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。

『第三帝国の興亡〈3〉第二次世界大戦』にgomaknihaさんがつけたタグ

ツイートする