小説家という職業 (集英社新書)

4.03
  • (10)
  • (16)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 107
レビュー : 13
著者 :
権太さん エッセイ   読み終わった 

2016/2/23 Amazon日替わりセールで¥788を¥299にてDL購入。
2017/6/23〜6/28

森博嗣さんの作家として自己分析及び出版業界に対する的確な指摘が書かれたエッセイ。同じ理系の研究系の人間としては首肯出来る箇所多数。でも決定的な違いは、やはり私には書けない(本書によれば書けないことはない、とのことだが)、いや売れる本は書けない、ということだろう。森さんが人気作家になった理由の一端が分かったような気がする(あくまで気がするだけだが)。

レビュー投稿日
2016年2月23日
読了日
2017年6月28日
本棚登録日
2016年2月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『小説家という職業 (集英社新書)』のレビューをもっとみる

『小説家という職業 (集英社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『小説家という職業 (集英社新書)』に権太さんがつけたタグ

ツイートする