壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)

4.18
  • (1374)
  • (659)
  • (797)
  • (25)
  • (8)
本棚登録 : 5918
レビュー : 730
著者 :
gocciさん 2018   読み終わった 

映画版の中井貴一が吉村役で出てるのを観て
なんだよ面白いな!と思って原作読んでみようと思って。
浅田次郎だったのかーと見たら
あ、これ3部作のやつだわとそこで気が付いた。
「輪違屋糸里」「一刀斎夢録」は読んだのに
なんでこれだけすっぱ抜けてたのか…まぁいいか。
で、やっぱり映画も面白かったんだけど
本の方が数百倍面白い!原作には勝てんな…
混沌としてる世の中でたぶん1番地位とか
武士のどうこうとかより
1番人っぽいというか、吉村が。
色んな場面でお金に執着する気持ちが痛いほどわかるというか
生きていく上では決して綺麗事ではないよな〜
死にたくないから殺すって
今そんなこと言ったらもしかしたら大問題けど
究極なのかもしれん。人間ってそんなもん。
なので下巻は余計に楽しみ

レビュー投稿日
2018年2月3日
読了日
2018年3月1日
本棚登録日
2018年1月18日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2...』のレビューをもっとみる

『壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする