検察崩壊 失われた正義

3.93
  • (10)
  • (18)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 136
レビュー : 19
著者 :
gotonorigotoさん  未設定  読み終わった 

陸山会事件での田代検事の虚偽調書作成について不問に付すという検察の決定に関して詳しく分析している本
詳しい人同士の対談で進むので,一連の事件の経緯について予備知識がない人が読んだらイミフなのではあるまいか? という気もしたが,それなりに知っていて読んだので,「ふむふむ。なるほど」が多かった。

特に有益だったのは,村木局長無罪事件に関するフロッピー改ざん事件で犯人隠避罪に問われている大坪氏との対談
大坪氏が有罪なら,田代氏の件のほうも,上司から最高検幹部に至るまでみんな犯人隠避である,と。
確かにそうだ!

組織防衛を最優先してしまう対応というのは世の中にいくらでもあるだろうが,それを検察がやるという恐ろしさ。

レビュー投稿日
2013年7月14日
読了日
-
本棚登録日
2013年7月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『検察崩壊 失われた正義』のレビューをもっとみる

『検察崩壊 失われた正義』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする