EAT 悪魔捜査顧問ティモシー・デイモン (富士見L文庫)

著者 :
  • KADOKAWA (2021年8月12日発売)
4.05
  • (9)
  • (6)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 83
感想 : 4
2

アメリカFBIのEAT(特殊事件捜査班)というのは、とんでもない姿をしていたり、人を食らったり、血を吸ったり、ゾンビだったり、様々なノンヒューマン(怪物)を相手にする部署だ。ミキオ・ジェンキンスは、なんと人肉を食べて捕まり死刑になったはずのノンヒューマンのティモシー・デイモンと組まされることになる。最初は不信感を持って接するミキオだが、意外と普段はティモシーはまともだった。二人でノンヒューマンが起こした事件を解決していくのだが、なんだかねえ、とんでも感が漂っていて、いまいち乗り切れないんだよなあ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: オカルト
感想投稿日 : 2021年11月30日
読了日 : 2021年11月30日
本棚登録日 : 2021年11月30日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする