世界のダンジョン 冒険をめぐる情景

制作 : パイ・インターナショナル 
  • パイインターナショナル (2020年8月19日発売)
3.83
  • (3)
  • (10)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 195
感想 : 8
4

ダンジョンという言葉の意味を調べてみたら、①地下牢②ロールプレーイングゲームなどで地下の迷路や地下に限らず冒険の場などをいうーとあった。この写真集は、地下や海辺などの巨大な洞窟、地上の、あるいは地下の迷路めいた巨大人口建造物など載せていて、簡単な解説がある。洞窟と言えば石灰質の土地の地下にできた鍾乳洞が主に取り上げてあるが、世界各地に数多くあり、その美しさと巨大さをうかがわさせられる威容さに圧倒される。人工的に手を加えられて、信仰の場や昔居住地になっていたところもある。人工物だと、ロシアの潜水艦基地など、エイリアンの宇宙船の内部みたいで目を見張る。インドの巨大階段井戸には、その気の遠くなる凄さに驚く。日本の軍艦島や首都圏外郭放水路は、現実の世界を越えてる。とにかく頭の中が迷路になる写真集だ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 写真集
感想投稿日 : 2021年1月13日
読了日 : 2021年1月13日
本棚登録日 : 2021年1月13日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする