ひな菊の人生 (幻冬舎文庫)

3.45
  • (65)
  • (143)
  • (323)
  • (22)
  • (2)
本棚登録 : 1298
レビュー : 124
著者 :
制作 : 奈良 美智 
naokoさん  未設定  読み終わった 

奈良美智の挿し絵が、意外に説明的であった。
どれも、各場面を忠実に説明した挿し絵で、これは、奈良さんでなくとも良かったのではないかとも思った。

主人公が、母親と同乗した車で交通事故にあい、母の死を隣で目撃するシーンがあるが、私は私の母が死ぬのではなく、私の息子から見て、私が死ぬシーンを想像してしまい、息子の絶望たるや、とそういう感情移入の仕方をして、可哀想な息子、と、私は死んでもないのに、息子が悲しみにくれる様子を勝手に思い浮かべて、涙が出てしまった。無駄な涙だ。私はこれからも生きるので。

レビュー投稿日
2017年9月28日
読了日
2017年9月
本棚登録日
2017年9月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ひな菊の人生 (幻冬舎文庫)』のレビューをもっとみる

『ひな菊の人生 (幻冬舎文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする