まぶた (新潮文庫)

3.37
  • (100)
  • (247)
  • (547)
  • (68)
  • (9)
本棚登録 : 2242
レビュー : 261
著者 :
grande-lectureさん  未設定  未設定

日は小川洋子の小説「まぶた」(新潮文庫、2004年)を紹介します。
たまに本棚を整理すると、「なんでこの本買ったんだっけ」という本が出てきませんか?
私にとっては、「まぶた」がまさにそんな一冊でした。本棚整理中に発見したのですが、そんなに小川洋子の小説を読んでるわけでもなく、いつ買ったのかも、なんで買ったのかも全く思い出せなかったのでとりあえず読み返してみました。そして思い出しました。
「まぶた」に収録されている、「バックストローク」という短編がとても良かったので買ったんだ…!と。
「バックストローク」は水泳選手だった弟の話です。読み終わった後、やるせないような、どうにもできないような、かなしいような気持ちになりますが、とても心に残ります。全くうまく説明できませんが、とても短くてすぐに読める本なので、気が向かれましたらぜひどうぞ。

レビュー投稿日
2015年7月4日
本棚登録日
2015年7月4日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『まぶた (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『まぶた (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする