あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時代小説文庫)

4.12
  • (151)
  • (178)
  • (90)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 1108
レビュー : 156
著者 :
greenflashさん  未設定  読み終わった 

もはや目が離せない。
いわば職人としての
ものつくりの矜持を持っていた澪とは違い、
幸はまさしく商人。

その天性は、自らがよしとするところに向かい
おのずと解き放たれてきた。

さらさらと流れていた小川は
いまや周囲をも巻き込む奔流となり
さらにその力を増すばかり。

掛け値無しに面白い!

大坂が舞台であり、史実も下敷きにあることが
大阪に生まれた者の親しみと誇りにつながり
これから起こるはずの
天地鳴動(を起こしかねない幸の活躍)を
期待してしまう。

本当に面白い!

レビュー投稿日
2017年8月18日
読了日
2017年8月18日
本棚登録日
2017年8月4日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時...』のレビューをもっとみる

『あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時代小説文庫)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする