真夜中の電話 (児童書)

4.33
  • (14)
  • (12)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 99
レビュー : 19
greenkakoさん ヤングアダルトの本   読み終わった 

『“機関銃要塞”の少年たち』(評論社)や『かかし』(徳間書店)でカーネギー賞を受賞した英国を代表する児童文学作家の短編集で、『ウェストール短編集 遠い日の呼び声』と2冊、徳間書店子どもの本創刊20周年記念として宮崎駿さんの装丁で出版されました。おふたりの翻訳者が編集者とともに80編を超える全短編をすべて読んで選び抜いた18編が、それぞれ9編ずつ収められています。訳者の原田氏が「通りいっぺんの描き方ではなく、わたしたちが気づいていなかった、あるいは気づいていても言葉にできなかった感情や心理のあやまでが、あざやかに描かれているからではないでしょうか。さらに、それを支えるリアリズムというか、うわべをとりつくろわず、現実から目をそむけない強い意志を感じさせるところが魅力だと思います。」と、あとがきに書いているとおり、人間存在の暗部も描き出す文体に思わず引き込まれます。

レビュー投稿日
2015年5月6日
読了日
2015年4月8日
本棚登録日
2015年4月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『真夜中の電話 (児童書)』のレビューをもっとみる

『真夜中の電話 (児童書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする