人生論 (中公文庫)

3.00
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
著者 :
gruppettoさん  未設定  読み終わった 

『人生論』というタイトルだけで敬遠するタチだが、著者が岡本かの子なので手に取った。そして結びの一節を読んで買った。

「人生は楽しい。苦しくとも楽しい。無限の中から理想を探り出すことは其の楽しみの一つ。理想の現実への適応性を考えることは其の楽しみの二つ。それを表現に努めるのが其の楽しみの三つ。その役務に服しつつあることに於て私達が生命観を把握するのが其の四つ。把握の増大と共に人格が完美に赴く意識を味わうのが五つ。われ一人のみならず四周も共に徐々文化性を開顕し行く過程を眺めるこれ其の六つ。斯くて私達は、洗面にも結髪にも、無限向上の足取りを感じて行く。無限の念願の中に一歩一歩の完成があり、有限の完成上に無限の念願が運ばれる。これを禅の一聖者は本証妙修とも修証一如とも言って居る。」

レビュー投稿日
2011年4月26日
読了日
2011年4月30日
本棚登録日
2011年4月26日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人生論 (中公文庫)』のレビューをもっとみる

『人生論 (中公文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする