悪魔の詩 下

3.67
  • (3)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 85
レビュー : 6
Guadalupeさん  未設定  未設定

最初から最後まで、とにかく突飛なストーリーで、あっぷあっぷしながら読み終えました。

『生まれ変わる』ということは、今までの自分を捨てること。
母国、育ってきた街、言語、宗教、両親、親戚、友人。
インド的文化を受け入れず、恥とし、
ありとあらゆるアイデンティティーを
新しい自分という仮面の下に隠しながら、生きること。
一切を忘れた振りをすること。

だけど、その生き方で良いのかな?
やっぱり、本心からそんなことは出来ない。

そして天から落ちた男達は舞い戻ってきた。
自らが生きるべき場所に。

奇妙な後味を残す本です。

レビュー投稿日
2008年1月21日
本棚登録日
2008年1月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『悪魔の詩 下』のレビューをもっとみる

『悪魔の詩 下』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする