生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

3.81
  • (936)
  • (1316)
  • (1231)
  • (141)
  • (38)
本棚登録 : 9770
レビュー : 1231
著者 :
guildblindさん  未設定  読み終わった 

生物とは何か
自己複製能力→DNAとは。
ウィルスは自己複製するが物質のように振る舞う
動的平衡 無秩序が、圧倒的な分量により秩序になる。シュレディンガーの生命とは何か
生命のダイナミックな感覚は、実際に動いていることではなくて、裏側にあるたくさんの構成要素の営みから感じられる感覚なのかもしれない。

レビュー投稿日
2015年11月16日
読了日
2016年1月17日
本棚登録日
2015年3月13日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)』のレビューをもっとみる

『生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする