迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)

3.92
  • (267)
  • (459)
  • (256)
  • (38)
  • (5)
本棚登録 : 2942
レビュー : 282
著者 :
めえこさん ├綾辻行人   読み終わった 

大御所推理作家が建てた奇妙な館・迷路館。その名の通り複雑に入り組んだ通路を持つ館に招待された四人の若手推理作家達は、故人が遺した莫大な遺産を『賞金』に、迷路館を題材にした推理小説の競作を始める。ところが、作家達は一人、また一人と彼等が書き遺した小説に見立てて殺害されていく。脱出不可能、外部との連絡手段も絶たれた状況下で、最後の容疑者が絶命した時、これまでの前提を覆す真実が明らかになる!


最初の一ページで完全に騙されました。犯人の見当は大体つけられるし、今回の館に仕掛けられたトリックも、繰り返し「ある家具」についての描写が不自然に感じるくらいに出てくるので、おおよそ目星はつきます。今使うにはそのトリックは不親切(と言うかアンフェア)だなと思う箇所もありますが、その他に散りばめられた謎があまりに多いので気になりません
本格派好きな方もお腹いっぱい、満足できる一冊です^^

ただ、作中作は兎も角、「作者」の正体には完全に騙されました。作中作のあとがきで、最初に提示された謎を思い出して「あれ?そういえばそんな謎もあったね」と読み進めると…


そ う き た か\(゜□゜)/


本筋ではありませんし、蛇足と取る方もいるかもしれませんが、綾辻流の茶目っ気発揮!て感じで私は好きです^^

レビュー投稿日
2009年12月14日
読了日
2009年12月14日
本棚登録日
2009年12月14日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『迷路館の殺人<新装改訂版> ...』のレビューをもっとみる

『迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)』にめえこさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする