孤島の鬼 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

4.05
  • (291)
  • (173)
  • (246)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 1475
レビュー : 223
著者 :
めえこさん ●推理小説(国内)   読み終わった 

当時のミステリーの潮流は分かりませんが、「探偵小説作家・江戸川乱歩」の作品でなければ、ミステリーにカテゴライズするのもギリギリかなと思わせるほど、謎解きを主眼としていません。ミステリーの定義にもよると思うけど、私の定義は狭いのです(笑)。

とにかく、差別発言、同性愛、ナルシシズム、奇形、近親相姦などのアングラなテーマをふんだんに詰め込んだ異色の推理小説。犯人指摘は前半でサラッと済ませて、後半は宝探しや犯人捕縛に重点を置いた冒険譚です。

でも、私もフーダニット至上主義なんですが、これは面白くて一気に読めたのですよね…ちょっと少年探偵団にハマっていた頃の高揚感を思い出しました。

そういや、ページを捲るのが止められない!夜中に親に隠れてでも読む!ていう読書の楽しさを始めて味わわせてくれたのが江戸川乱歩だったなあ。



密室状態で恋人が何者かに殺害され、現場からは家系図とチョコレートの缶が盗まれるという不可解な事件が発生した。調査を依頼した友人の素人探偵まで殺された蓑浦は、自身に奇妙な執着を見せる親友・諸戸とともに事件の真相を追って彼の実家がある孤島へ向かう。しかし、そこで2人を待っていたのは恐ろしい真実だった。

レビュー投稿日
2011年10月14日
読了日
2011年10月14日
本棚登録日
2011年10月12日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『孤島の鬼 (創元推理文庫―現代日本推理小...』のレビューをもっとみる

『孤島の鬼 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『孤島の鬼 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)』にめえこさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする