植物診断室

3.22
  • (6)
  • (22)
  • (41)
  • (12)
  • (2)
本棚登録 : 148
レビュー : 34
著者 :
gussy88さん  未設定  読み終わった 

主人公の寛樹は中堅の商事会社につとめる四十代独身、親族や職場からの圧力もあり独身であることに引け目を感じている。彼は催眠療法のような「植物診断室」のセラピーに通い、本当の自分を取り戻そうとしている。そんな寛樹は離婚したばかりの幹子から子供の遊び相手になって欲しいという依頼を受け、母子との関わりを通して寛樹は・・・というお話です。

男性の生涯未婚率は上昇の一途をたどっています。そんな中、わたしたちは独身という生き方をどう捉えるのか、この作品を通して問いかけられているように感じました。
都議会議員が「結婚したらどうか」というヤジを飛ばした問題が少し前に話題になりましたが、世間には未だ「独身」という生き方について無自覚な偏見があります。
本作は2007年に芥川賞候補となりました。7年を経た現在でもこの作品の声は生きていて訴えつづけているのだ思います。

レビュー投稿日
2014年9月28日
読了日
2014年9月21日
本棚登録日
2014年9月21日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『植物診断室』のレビューをもっとみる

『植物診断室』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする