謎解き 関ヶ原合戦 戦国最大の戦い、20の謎 (アスキー新書)

著者 :
  • アスキー・メディアワークス (2012年2月10日発売)
3.14
  • (1)
  • (5)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 40
感想 : 7
3

「関ヶ原島津退き口」を読んで、すごく関ヶ原に興味を持ちこの本を購入。日本にとっては、非常に重要な勝負ではあるが、名勝負ではない。なぜか?理由がわからなかった。
子供のころの喧嘩の記憶は、非常に性格ではないことが多いと思う。大人になって、喧嘩の話をすると、双方それぞれかみ合わないことがある。関ヶ原もその類で、ドラマや小説では非常に巧妙なストーリーが展開するが、たった1日に決着がついたあっけない戦いであったことも事実。そんな事実をいろんな面から検証した本といえる。そのため、この本を読むことでがっかりすることもある。しかし、いろんな面の考え方から、自分なりの捕らえ方を得ることは重要。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 歴史
感想投稿日 : 2012年5月12日
読了日 : 2012年5月12日
本棚登録日 : 2012年3月3日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする