「承認欲求」の呪縛 (新潮新書)

3.77
  • (7)
  • (10)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 198
レビュー : 15
著者 :
カズさん  未設定  読み終わった 

著者の太田肇氏は同志社大の教授で、個人を尊重する組織を専門に研究しているらしい。Amazonに勧められて購入。

感想。
あまりピンとこず。
承認されたい、が行き過ぎると承認された状態を維持したい、になり不幸に繋がるという話。
もう少し深い話を期待していた。

備忘録。
・「認知された期待」から受けるプレッシャーこそが、「承認欲求の呪縛」。

・「自己効力感」すなわち「やればできる」という自信が、承認欲求の呪縛を脱するのに有効。

・自分の弱みも包み隠さず見せることが出来る自己開示も有効。その意味でも大切なのは失敗体験。

・期待されたり、注目されたり、失敗した経験が少ないと、「期待に応えなければ」というプレッシャーを強く感じる。

・目の前の目標よりもはるか先に目標を置くことで、目の前のプレッシャーを軽減。王貞治は、32回の優勝記録を前にプレッシャーを感じていた白鵬に、35回や40回を考えれば楽になる、と言ったらしい。

レビュー投稿日
2019年4月6日
読了日
2019年4月6日
本棚登録日
2019年4月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「承認欲求」の呪縛 (新潮新書)』のレビューをもっとみる

『「承認欲求」の呪縛 (新潮新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする