ファシリテーションの教科書: 組織を活性化させるコミュニケーションとリーダーシップ

4.00
  • (22)
  • (21)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 361
レビュー : 34
カズさん 再生   読み終わった 

ファシリテーター関連本2冊目。グロービスの本。

感想。超良書。自分の意見に近い内容が多かったせいかもしれないけど。ここまで体系立ててくれていると、日々の業務に軸を組み立てて頂けた感じ。

備忘録。
・議論の仕込。あるべき議論を設計する。まずすべきは議論の出発点と到達点を明確にする。
・賛否の対象の分解。問題意識、問題箇所、原因、打ち手、それぞれが賛否の対象。
・立場の違いが価値判断の違いを生む。複数の価値判断の基準が存在しうることを認め、参加者に相対化して示す。その上で立場を超えて合意できるポイントに導く。
・意見が言いづらい立場の人からの意見を引き出す。例えば上司と来ている部下へ、「Aさん、B部長の意見により近い立場から付け加える点はないですか?」「実際に実行されるAさんからすると大丈夫ですか?」
・論点とは何か。
・ファシリテーターは、事前に参加者の数倍論点について考え、どんな論点があり得るのかを考えておく。様々な論点が相互にどのような関係にあるのかも。論点の地図を作り、様々な意見を即座に位置付けられる状態を、頭の中に作っておく。
・論点の種類を認識しておく。議論すべき論点と議論すべきでない論点、議論する必要はないが確認する論点、一旦置いておく論点。
・アウトプットとインプットの時点で物事を捉える。アウトプット:売上=単価×販売量とかの各結果。インプット:商品、店員、価格とか結果に影響を与えるもの。
・人間の思考の癖その1:決め打ち。新たな課題や問題に、過去の経験や知識から原因を決めつけ、先に対策を考えてしまうこと。こうなると、自分の考えに沿った情報しか見なくなる。
・人間の思考の癖その2:絨毯爆撃。決め打ちを避けるあまり、対象を絞り込まず、しらみつぶしに対策を打つこと。
・思考の癖を回避するべく、広げて絞るをうまく使い分ける。
・問題の構造を解析し、打ち手を考える。
・ファシリテーターは、発言者がなんの論点について、どういう意見を言ってるのかを読み取るべし。
・議論が参加者間で活性化してる時は見守るのが良作。常にファシリテーターが意見を展開しなくても良い。
・対立の背後にある認識と感情を扱う。人間は感情の生き物な為、感情に対する配慮を欠くと、まとまるはずの議論もまとまらない。
・場の空気に細心の注意を払う。

レビュー投稿日
2017年12月3日
読了日
2017年12月3日
本棚登録日
2017年12月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ファシリテーションの教科書: 組織を活性...』のレビューをもっとみる

『ファシリテーションの教科書: 組織を活性化させるコミュニケーションとリーダーシップ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする