空き家課まぼろし譚 (講談社文庫)

3.19
  • (3)
  • (2)
  • (14)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 98
レビュー : 8
海さん 小説   読み終わった 

ファンタジックな要素を含んで解決する日常の謎。
汀ちゃんが子供らしく適度に生意気で可愛い。
その分明が頼りなく、押しに弱すぎるのでもうちょっとしっかりして欲しかったなぁ。
空き家課に持ち込まれる物件はとても素敵で、そこに宿る思い出の謎もロマンチックな物が多くて海市に行ってみたくなります。

レビュー投稿日
2016年5月13日
読了日
-
本棚登録日
2016年5月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『空き家課まぼろし譚 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

ツイートする