妹の子を育てるという特殊な状態ですが、手探りで子育てをするのは誰しも一緒で、愛しながらも上手くできないと悩む心理描写が良かったです。
とても読みやすくするすると読め、変に暗くも無く子供を大切に思っているということが伝わってくる。

2020年6月5日

読書状況 読み終わった [2020年6月5日]
カテゴリ 小説

食に関するお店の短編集。ほっこりとかあたたかという方向ではなく、しっかりとした内容。

2020年6月5日

読書状況 読み終わった [2020年6月5日]
カテゴリ 小説

頼りない当主とその当主が大好きすぎる狐の関係は変わらず。
ちょっとずつ遥が成長して黄昏館の住人も増えてきたので、良かったなぁと思います。

2020年6月5日

読書状況 読み終わった [2020年6月5日]
カテゴリ ライトノベル

紅屋が優しいせいか、出てくる人皆クセが無いというか明るく良い人で健やかな印象。主人公のやすも考えが暗い方向へ全然行かなくて、つねに今を一生懸命なので、読み心地がとても良いです。

2020年6月5日

読書状況 読み終わった [2020年6月5日]
カテゴリ 時代小説

男親の存在感がまったく無かったり、イラッとするくらい自己中だったりと、なんとなくもやっとする内容。
鬼と人との夫婦なんですが、夫婦メインの話ではないので、その辺の設定が活きてないのも気になる。

2020年6月5日

読書状況 読み終わった [2020年6月5日]
カテゴリ キャラノベル

不器用な二人のさぐりさぐりな恋が可愛らしい。
中学の時の咲が酷い目にあっているので、そこへの対応がもうちょっとすっきりするものだと個人的に嬉しかったかな。

2020年6月5日

読書状況 読み終わった [2020年6月5日]
カテゴリ キャラノベル

子供食堂というエッセンスが入ったことで、マンネリ化していた話に変化が出て楽しく読めました。

2020年6月5日

読書状況 読み終わった [2020年6月5日]
カテゴリ 小説

女性だからと一段も二段も低く見られているんだけど、その中でもお高が懸命に生きている所が良い。恋はまだまだという感じかな。

2020年6月5日

読書状況 読み終わった [2020年6月5日]
カテゴリ 時代小説

アリスティが魔族なのになんか人間っぽいというか、ふわっとしてる。エゼリアの生真面目なところは可愛くて良かったです。

2020年6月5日

読書状況 読み終わった [2020年6月5日]
カテゴリ 少女小説

ほんのり怖い話はいつものこと。
おちかちゃんにとっても百物語にとっても転機の一冊になりました。
富次郎の軽妙な感じがとても好きなので、これからの展開も楽しみです。

2020年5月26日

読書状況 読み終わった [2020年5月26日]
カテゴリ 時代小説

短編小説から対談、論考、100冊等、とにかく森見尽くしの一冊。
真面目に読んでいると時間と体力を使うので、結構な作者への愛が無いと読みきれないほど、みっちりマニアックな内容になってます。

2020年5月26日

読書状況 読み終わった [2020年5月26日]
カテゴリ エッセイ

全体的に良いとは思うのですが、光流が動く割には肝心の所で蚊帳の外だったり、あれこれ男性から好かれているのに甘さが出てなかったり、異世界転移している理由等、大本の部分が何も解決していなかったりと、細々不満が残る。

2020年5月26日

読書状況 読み終わった [2020年5月26日]
カテゴリ キャラノベル

色々事件に巻きこまれつつ、相変わらずという感じ。
人間関係に目立つ変化も無く、さらっと読めます。

2020年5月26日

読書状況 読み終わった [2020年5月26日]
カテゴリ キャラノベル

3.4と一気読み。なんかもう凄くあっさりした終わり方だなと思います。
りんが成長して、夢と目標が持てたのは良いことだけど、あまりにも軽く終わってしまって、余韻も無いのが寂しい。

2020年5月26日

読書状況 読み終わった [2020年5月26日]
カテゴリ ライトノベル

茜が格好良いのは変わらず。
困っている人達に手を差し伸べつつ、悪い態度の人にはきっちりとしかる内容で、痛快。

2020年5月26日

読書状況 読み終わった [2020年5月26日]
カテゴリ 時代小説

絵付で短歌の紹介と解説がしてあります。
初心者に嬉しい作り。

2020年5月26日

読書状況 読み終わった [2020年5月26日]
カテゴリ エッセイ

いきなり二巻から読んでしまったけど大丈夫でした。
猫と狸の不器用な友情が良い。

2020年5月26日

読書状況 読み終わった [2020年5月26日]
カテゴリ ライトノベル

初めのうちは頑固で目の前のことしか見えてないうえに常におじい様だよりの千代太にイラッとしましたが、子供だから仕方ないですね。
巻き込まれた頑固な徳兵衛がどんどん変わって行って周りに人が溢れていくのが面白いです。

2020年5月26日

読書状況 読み終わった [2020年5月26日]
カテゴリ 時代小説

燈子が人のためと言いつつ自分で処理できない案件を安請負して他人に迷惑かけるタイプで苦手。途中で自覚するのに改善しなくて開き直っちゃうので、依頼を受けるなら自力で何とか出来る様に努力して欲しい。観光案内的文章も変に多くて硬くなっているので、土産物だけに特化してもうちょっと軽くするとか、土産物屋に勤めているのがまるで活きてないのでそこと上手く繋げるとかがあると良かったかな。

2020年5月26日

読書状況 読み終わった [2020年5月26日]
カテゴリ キャラノベル

兄も弟もあまり感情に波が無く、温度が低い人で淡々としたノリ。
でも基本猫まみれなので、可愛らしい。

2020年5月26日

読書状況 読み終わった [2020年5月26日]
カテゴリ キャラノベル

穏やかな印象ながら、色々なあやかしが絡んできて面白かったです。
ただキャラ同士の関係性は、発展するかなと思いきや投げっぱなしで終わっちゃってるので、そこは決着つけて欲しかったなと思います。

2020年5月26日

読書状況 読み終わった [2020年5月26日]
カテゴリ ライトノベル

1.2巻読了。遥がちょっと子供っぽいなと思う部分があるものの、成長物なのでこれからに期待。男同士だからの距離感が良いなと思って読み進めていたら、2巻になって雅火の溺愛が目立つようになりましたが、それはそれで良かったです。

2020年5月15日

読書状況 読み終わった [2020年5月15日]
カテゴリ ライトノベル

エステルが色々抱え込みすぎ。ヴァンが犬系なこともあって受身なので、もうちょっと積極的でも良かったかなと思います。糖度も少なめですが、エステルが頑張っていて楽しく読めました。

2020年5月15日

読書状況 読み終わった [2020年5月15日]
カテゴリ 少女小説

真っ直ぐな恋物語。
神と人間ということで将来の不安はありつつも、大丈夫かなと思います。

2020年5月15日

読書状況 読み終わった [2020年5月15日]
カテゴリ 少女小説
ツイートする