終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? #04

4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 1
七海灯さん 10 - 小説 (シリーズ)   読み終わった 

第4巻はほぼ夢の中(?)の世界での話となっていますが、そこでかつて自分の暮らしていた世界が再現されていて、ヴィレムは最初の"獣"が生まれる瞬間の出来事を体験します。
そこで何があったのか、"獣"の正体は何なのかが遂に判明します。
しかし、個人的にはその過程が不明瞭だなあという感じしかしませんでした。
最初にナイグラートが"クトリだったもの"と対面するシーンがありますが、妖精は普通死を迎えると消えてしまうらしく、なぜこの世界に残っているのかという点や謎の少女について等まだまだ不明な点も多く、次巻に期待です。

レビュー投稿日
2019年3月22日
読了日
2019年3月21日
本棚登録日
2019年3月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救...』のレビューをもっとみる

『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? #04』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする