新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

3.90
  • (1273)
  • (721)
  • (1347)
  • (95)
  • (23)
本棚登録 : 9233
レビュー : 889
著者 :
夜型さん フィクション   読み終わった 

小生にとってとってもとっても思い入れのある一冊。
それは小生がまだ年端もいかぬ純粋に読書を楽しんでいた頃。
『良書に親しめ』というある方のスローガンに則り、母が、国語の便覧に載っていた文豪たちの作品をかたっぱしから集めてくれたのです。
ねだると文豪の本だけは二つ返事で買ってくれたものでした。


ASDの人は、想像力がないと言われがちですし、共感能力がないから物語文はダメダメと思われていますが、小生は毛色が違うようで、一文一文が情景をありありとイメージして読むことに、登場人物のセリフにウキウキすることに、それはそれは楽しくて仕方がなかったのでありました。
この「銀河鉄道の夜」との出会いは、深夜に観たあのアニメーションが始まりでした。その結末を知っていてもやはり読ませる文章ですから、読む手が止まりません。
夜にベッドの上でこの本を開いてちびちびと味わうように読んでいました。
読み終えたらもったいないと楽しみにとっておきたくて、夜を待って少しずつ味わって読んだものでした。

自己犠牲と二人の少年の友情。
優しさ、幸せとはなんだろう。二人の少年が行き着く答えは、一体なんでしょう。
この文章の裏には、キリスト教やタイタニック号の話が織り込まれていてハッとしました。

宮沢賢治のその文体を分析した方がいらっしゃいましたが、その方の論考も読み合わせるとなるほどと頷けるはず。

アンソロジーとしても優れていて、教科書に採用された「オツベルと象」から朗読に使われていた「セロ弾きのゴーシュ」まで粒よりです。

小生は、この中でも「猫の事務所」が好きでした。
今や学校でも職場でも”いじめ”が流行っていますが、最後の結末部に賢治の意思が出ています。
賢治らしいなと小生は思いました。

レビュー投稿日
2017年10月25日
読了日
-
本棚登録日
2017年10月26日
17
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

nejidonさん (2017年10月27日)

読書猫さん、こんばんは♪
いつも丁寧なレビューで、読みごたえがありますね。
共感能力が無い?ま・さ・か!

ところで「猫の事務所」がお好きでしたか。
私はあの作品は辛くてなりません。
自分の席を奪われて悔しさに泣く場面がありますが、一緒に泣いてしまいます。
胸をえぐられるような辛さを感じます。
仕事をしてもしていなくても、同じような場面に遭遇することはあります。
現実にはお話のような唐突な幕切れなどなくて、知恵をしぼって格闘しております(笑)。
おそらくは、賢治さんにも同じようなことがあったのかなと勝手に想像してます。
そうでなければ、題材にはしないようなストーリーですよね。

夜型さん (2017年10月27日)

わあっ、nejidonさん、今晩は。
コメントありがとう御座いますm(_ _)m
天候がうつらうつらと暗く、肌寒くなってきましたね。
お元気ですか。

「猫の事務所」は主役の釜猫が気の毒で仕方ないのですが、最後にライオンさんが現れて助けてくれましたよね。
そこに、苦しんでいる者にこそ救いがあるように感じられたのです。
おっしゃるように、賢治にはなんらかの思いがあったのかもしれません。願いとか…。

夏目漱石の「吾輩は猫である」のわんぱくさとは打って変わって、違った猫感がありましたね。だからこそ印象に残ったのかもしれません(笑)

現実は厳しいですね。
ニュースを観ていると耐えかねて命を落とす方もいらっしゃいます。
しかしながらそういう時に賢治の思いに触れてみたくなります。
文学って肌で感じていることとすりあわせて読めますもの。
最近の文学についてはめっきり疎いのですが、その昔の文学は肌と頭で感じ取れる良さがあると小生は思うのです。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする