現代思想 2013年8月臨時号 総特集=フォン・ノイマン ゲーム理論・量子力学・コンピュータ科学

3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 3
h4leaderさん ノンフィクション   読み終わった 

我が中山幹夫大先生が出てきますw

フォン・ノイマンの一般向けの講義録&ゲーデルとの文通、様々な知識人が語るノイマンの業績といった構造になってます。
ノイマンはゲーデルが大好きだったんですねw
ノイマンの手紙ばかり残っているのはゲーデルの方がが几帳面だったからでしょうか。

今野氏にやたらゲーム理論が否定されてる(実用性がない、工学的でない、と)けど、やってることは根本的には変わらないですよね。
1900万変数、1000万制約条件の最大化整数解とか狂気の沙汰だと思うけどw

登場人物や内容がある程度解り、自分も大学で一応学んで来たんだなーと実感しましたw
まぁ、わからないところはわからないですけどね^^;

レビュー投稿日
2013年8月12日
読了日
2013年8月12日
本棚登録日
2013年8月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『現代思想 2013年8月臨時号 総特集=...』のレビューをもっとみる

『現代思想 2013年8月臨時号 総特集=フォン・ノイマン ゲーム理論・量子力学・コンピュータ科学』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする