うさぎとトランペット

2.95
  • (4)
  • (5)
  • (19)
  • (3)
  • (6)
本棚登録 : 74
レビュー : 15
著者 :
かなさん 小説   未設定

前に読んだ『楽隊のうさぎ』のシリーズ。だが、前作とは全く違った内容になっている。主人公は小学5年生の宇佐子。
トランペットの練習をしているのを聴きに早朝、こっそりでかける。トランペットを練習するお兄さんと同じクラスのミキちゃんは
知り合いだった。クラスでは浮いてる存在のミキちゃんが、クラリネットを習っていることを知る。ミキちゃんに連れられて行ったところは、花の木ウィンド・オーケストラの練習場。ここには社会人や学生様々人が参加している。
(かつて中学生だった『楽隊のうさぎ』の登場人物たちは、高校生となり、このオーケストラに所属。)
そこで宇佐子はトランペットを教わることとなる。
前作は中学校の中だけだが、今回は様々な年齢層がいて、物語が広がった気がした。
ブラバンだけの話から、宇佐子の心情、ミキちゃんとの関係など『楽隊のうさぎ』よりも面白かったと思う。

レビュー投稿日
2007年1月5日
本棚登録日
2007年1月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『うさぎとトランペット』のレビューをもっとみる

『うさぎとトランペット』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする