リヴィエラを撃て(上) (新潮文庫)

3.74
  • (247)
  • (217)
  • (403)
  • (25)
  • (9)
本棚登録 : 1936
レビュー : 165
著者 :
ウィリアム・モリスさん  未設定  読み終わった 

久しぶりにまともな小説を読んだと感じた。時間的場所的スケールが大きい!アイルランドについて多少の知識があったほうが読みやすい。ノーマンとエイドリアンの、反発しあいながらも世界にお互いしかいないみたいな寂しい愛情は、端から見ていても哀しくなる。レディは2人の心を掴みながらも疎外感を感じていたんだろう。

レビュー投稿日
2013年8月1日
読了日
2013年4月17日
本棚登録日
2013年4月17日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『リヴィエラを撃て(上) (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする