スタイルズの怪事件 (創元推理文庫)

3.52
  • (3)
  • (8)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 9
hafukomeさん  未設定  読み終わった 

ポアロは確かに凄腕の探偵であるが、神ではない。
鋭い推理力と観察眼を持つが、情報が足りなければ真実へは辿り着けない。
クリスティのすごいところは、新しい情報を得るたび、ポアロがそれまで組み立てていた推理を更新する、その思考がちゃんとトレースできるところだと思う。
一回目に読む時はヘイスティングズと一緒に「ポアロなに考えてるのかさっぱりだよ!」と振り回され、二回目に読む時は「ここでこう考え直したのかー」と振り返るのが楽しい。
クリスティ処女作の本書は、謎解きはかっちりと仕上がってて登場人物の心理描写も丁寧。
反面、以降の作品と比べると抜きん出たところがないので星4つ。
しかし未婚時代のヘイスティングズ君が恋愛に関して自意識過剰で笑ってしまったw

レビュー投稿日
2011年3月26日
読了日
2011年3月26日
本棚登録日
2011年3月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『スタイルズの怪事件 (創元推理文庫)』のレビューをもっとみる

『スタイルズの怪事件 (創元推理文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする