「読まなくてもいい本」の読書案内:知の最前線を5日間で探検する (単行本)

3.95
  • (73)
  • (67)
  • (34)
  • (14)
  • (7)
本棚登録 : 719
レビュー : 85
著者 :
モリゾーさん ビジネス書   読み終わった 

以前からなんとなく気付いていたが、人文科学や社会科学、いわゆる文系学問は瀕死の状態にある。

法学や哲学が最先端のイケてる学問だったのは遥か昔の話。心理学で有名なフロイトや、ハーマンのトラウマ理論は何の根拠もないデタラメということで決着済みだ。

経済学が前提にしている常に経済的に合理的な人など存在せず、もはや科学とは言えない。

じゃあ文系学問はどうすれば良いのか?

実は、これらの分野では、遺伝学や進化心理学、複雑系、行動経済学といった分野で、知のパラダイスシフトが起こっている。

だったら、古いロジックで構築されている学問は捨てて、新しいロジックを学べば良いのではないかって話。

レビュー投稿日
2016年2月26日
読了日
2016年1月2日
本棚登録日
2015年12月10日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「読まなくてもいい本」の読書案内:知の最...』のレビューをもっとみる

『「読まなくてもいい本」の読書案内:知の最前線を5日間で探検する (単行本)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする