理解という名の愛がほしい——おとなの小論文教室。II

3.85
  • (52)
  • (41)
  • (67)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 363
レビュー : 48
haijisanさん 読書記録   読み終わった 

なんというか、こんなに人に対して期待してないからなのか、人を傷つけてどうこう、という気持ちになってないな、最近。と感じた。思春期ならば、すごく共感しつつ読めただろう。
大人になって、よくも悪くも図々しくなって、生きやすくなったけど、たまには繊細な感覚も思い出すような状況である方が、生き生きと生きられるのかもしれない。
あ、期待してない、というは決して悪い意味ではなく、相手からのリターンは期待してないってことです。
と、色々考えたけど、結局、小論文教室、という要素は感じられなかった。

レビュー投稿日
2017年12月7日
読了日
2017年10月31日
本棚登録日
2017年12月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『理解という名の愛がほしい——おとなの小論...』のレビューをもっとみる

『理解という名の愛がほしい——おとなの小論文教室。II』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする