死にたがりの獅子 山川大蔵 幕末異聞 (単行本コミックス)

著者 :
  • 角川書店 (2013年10月22日発売)
3.25
  • (1)
  • (3)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 39
感想 : 7
4

山川大蔵の戊辰戦争から西南戦争までの生き方戦い方を中心に描く。タイトルからあまり期待してなかったのだが、登場人物を最小限にして「知恵山川」といわれた山川の戦いぶりにスポットを当て、うまくまとめた。山川の忠心の向かう殿、山川の生き方戦い方に次第に友情をはぐくんでいく山口次郎(新選組三番組頭斉藤一、後の藤田五郎)、戊辰戦争では山川と戦火を交えるが後の陸軍に山川を引き込んで佐賀の乱と西南戦争の政府軍をふたりで支えきった谷干城との心の交流にスポットを当てる。谷さん、史実では坂本龍馬を斬ったと思い込んで新選組憎しのあまり戊辰戦争では新選組や会津に対して私怨が入り過ぎだと思うのだが、熊本鎮台で西郷軍に対して一歩も引かないとこなんかかっこいいな。ちょい役で出てくるかんべさん、頼母、萱野様、永倉新八、大鳥圭介、山田顕義、小出鉄之助なども素晴らしい(新選組は土方歳三を登場させず、山川・大鳥・山口で時勢を描ききったのはうまいと思う)。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 歴史ものフィクション(小説・コミックス)
感想投稿日 : 2013年10月26日
読了日 : 2013年10月26日
本棚登録日 : 2013年10月14日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする