夜の言葉―ファンタジー・SF論 (岩波現代文庫)

3.84
  • (22)
  • (17)
  • (30)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 223
レビュー : 27
HAL.Aさん エッセイ・コラム・実用書・評論・ノンフィクション   読み終わった 

 ひとつひとつの内容が、ファンタジー好き・SF好きとしては踏み込んで考えざるを得ないテーマで、どこもさらりと読み流せないし、簡単には目を逸らして逃げられません。重たいです。最初から最後まで読みはしたけれど、読了したとはいいがたい。これから時間をかけて、じっくり読み込んでいきたい一冊です。
 単独で読んでもいい評論ですが、しかし、どちらかというとル=グウィンの小説が好きな方向けかもしれません。
 ファンタジーとは何か。SFにはどのような可能性が秘められているのか。かなり辛辣な箇所も多々あり、これは発表された当時のアメリカ人男性作家の方々にはさぞ耳が痛かったのではないかと思います。

レビュー投稿日
2011年12月24日
読了日
2011年12月8日
本棚登録日
2011年12月8日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夜の言葉―ファンタジー・SF論 (岩波現...』のレビューをもっとみる

『夜の言葉―ファンタジー・SF論 (岩波現代文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする